プロフィール

風沙

Author:風沙
映画好き。
最近は、香港明星トニー・レオンさんのファン。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

テラス・シャンブロウ
きままに独り言・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード
これは、残念ながら失敗作です。
本を読まずに映画から入ると、原作にあったワクワク感を感じらぬまま、筋とオチだけを知ってしまう結果になり、後から本を読む楽しみが確実に失われるので、せめて本を読んでから観ることをお薦めします。


。。。。。。。。ネタバレしまーーーす!!。。。。。。。。



これは、いかんでしょう。一番マズイパターンです。
表面上、きちんと撮影されているように見えながら、実はからっぽです。
原作の味わいのあるところをすべて見事なくらい、ハズしています。
もともと盛りだくさん過ぎる内容ですから、どこかで削らなければならないのですが、その削るところを間違えています。
一番美味しい肉の部分を捨てて、骨だけ残った料理のようです。

この物語は、歴史的な謎解きと、ソフィーの失われた家族、そしてラングドンの殺人容疑、追跡者シラスなど、いくつかのパートが壮大に絡まりあいながら進行します。
映画では、このパートをすべてまんべんなく説明した結果、すべて中途半端に終わらせてしまっています。
だから退屈なのだと思うな。
映画は短い時間で語らねばならないのですから、ソフィーとラングドンの人間関係に比重を置くとか、どこかポイントを絞った方が印象に残るものになったはずです。

この物語の根底にあるものは、二つの信仰のぶつかり合いです。
一つは、キリスト教の教会が長年守ってきた伝統的な聖書による世界。もう一つは、キリストとマグダラのマリアの関係を問い直し、人間として捉える新しい世界。
ソフィーとラングドンの旅は、教会によって故意に歪められたマリアの真の姿を追い求める旅でもあり、虐げられた女性性の回復の旅でもあります。
その中で、シラスが体現するのは「狂信」の哀しみです。
自ら信じる神の為に、自分を痛めつけ多くの殺人を迷いもなく行うシラスの姿は、人類が信仰の名の下に繰り返してきた残酷な業そのものです。
演じたポール・ベタニーは、ちょっと線が細すぎたような。
もっと動物的なたくましい体の俳優の方が、感じが出た気がします。

お互い正しいと信じるものが、くい違う。
そして隠された一つの秘密を渇望する。
どれだけ多くの人が、長い時の中で、それを守りぬいてきたか。
この映画に決定的に欠けているのは、息詰まるようなその重みと情熱です。

こんなにあっさり終わったのでは、原作のようにソフィーとラングドンが恋に落ちる訳にもいかなかったのでしょう。
オドレィ・トトゥと、トム・ハンクス・・・まるで、叔父と姪のような組み合わせで、嫌いではないけど、どうにも萌えは感じられません。
まったくハリウッドらしくもない清らかなラストに、思わず脱力してしまいました(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
いつも見てます
いつも見ています。継続して更新凄いですね。私も頑張ります。最近寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。またよらせて頂きます。
【2008/11/11 15:49】 URL | 昭夫 #- [ 編集]

はじめまして
こんにちは!また、きますね。
【2008/11/21 13:49】 URL | サチ #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/12/08 11:28】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/21 18:10】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tukasa6.blog32.fc2.com/tb.php/29-2e638351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。