プロフィール

風沙

Author:風沙
映画好き。
最近は、香港明星トニー・レオンさんのファン。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

テラス・シャンブロウ
きままに独り言・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリノよりも野口さんが・・・
ちょっと体を壊して入院しなければならなくなりました。
ここもしばらく留守にします。
こんな辺鄙なブログですが、時々覗いて下さる皆様、ありがとうございます。出来れば、3月末くらいまでには再開したいですが、どうなるか・・

トリノで日本は不振らしいですね。
メダル一つ取れるか取れないかみたいな状態らしく。
でも、今の日本では仕方ない結果かも知れません。
メダルが何個とか・・・なんだか今は空しい気がして。
もっと他に調べたり、伝えることがあるのではないだろうかと思ってしまう。

最近、いろいろなニュース番組が色褪せて見える。
キャスターやコメンテーターが操り人形に見える。
「報道」ってこんなものだったんだろうかと。

病院ではネットが見られないのがツライですが、もしこのままテレビ局の誘導のままに、野口さん事件が手付かずで風化させられたら、ショックだなぁ。
その時は、日本はいつのまにか、ここまで堕ちていたんだと思い知るしかないけれど。


スポンサーサイト
無極~プロミス~
・・・・・かって、一つの指輪を巡る壮大なファンタジーがあった。
そして、これは・・・・
一つの「饅頭」を巡る、愛と哀しみの壮大なファンタジー~(笑)

前半かなりクスクス笑いが止まらず、困ってしまいました。
中国と取引のある会社に勤める知人が、「相手の言ってる事の単位が違うのでやりにくい」とこぼしていたのを思い出しました。
とにかく時間とかの単位が日本人からすると、無駄に大きいそうです(笑)・・・例えば、ビジネスの話で普通に「300年先」なんて単語が出てきたりするらしく。
やっぱり、大きな土地に住んでる人々は、発想が壮大なのだな。

何もこんなに大げさな表現にしなくても・・・と思いながらも、結構楽しんで見てしまいました。
役者さんたちがみんな頑張って演じているので、後半になると、笑いながらも、少しジワっときたりして。
これで、もうちょっと脚本を練って、CGセンスが良ければ、大感動だったかも・・・惜しいなぁ。
このままでは、やはり壮大な「珍作」と言われても仕方ない(笑)

最大の敗因は、やっぱり出番の多い奴隷さん(チャン・ドンゴン)を、とんでもない俊足の持ち主に設定した事じゃないでしょうか。
この「足が異常に速い」っていうのは、どういう風に撮ったとしても、結局ギャグにしか見えないという危険な設定だと思うなぁ。
せめて「力持ち」くらいにしておけば良かったかも。
せっかく花のような美男なのに、もったいない・・・ドンゴンファンが嘆くのも解ります。
いまいち作品に恵まれないというか、この方の美しさを存分に引き出された映画って、まだないみたいな感じがします。
人柄の良さは十分伝わってくるのですが・・・

それに比べて、公爵役のニコラス・ツェーは、美が全開!(笑)
まるで漫画の美形悪役キャラが、そのまま抜け出してきたかのよう。
クライマックスは特に、ニコラスの芝居と存在が、広げっぱなしの大きすぎる風呂敷を何とかキュっと引き締めた感じでした。

真田さんも頑張ってましたね~北京語の台詞も完璧だったようですし、頭が下がります。
威張りん坊で、軽くてズルイところもある、そのくせ憎めない将軍をしっかり見せてくれました。
(真田さんのせいじゃなく技術班の問題だけど、最初の戦で使った球形の武器はちょっと・・・重量感なさすぎ笑)

そして、一番重大な敗因なのが、3人の男に思いを寄せられる王妃(セシリア・チャン)の描かれ方でしょうね。
「饅頭」が実は主役とはいえ(違うか笑)この話の中心点は王妃なのに。
セシリア・チャンのせいじゃなく、脚本のせいだと思います。
哀しい王妃の運命に感情移入できないと、3人の男のせっかくの犠牲も映えない・・・

そんな訳で突っ込みどころ満載(笑)、こういう荒唐無稽な映画もたまにはいいですね。

ホテル・ルワンダ
これは、怖いです。
以前こんな事が本当にあったと知るだけでも意味があったと思いますが、怖いのは「今でもこれは起こり得る」と感じるから・・・

。。。。。。。。。。。ネタバレします。。。。。。。。。


ルワンダで本来は仲良く共存していた「ツチ族」と「フツ族」。しかし植民地化の途上で、少数派ツチ族が、社会の支配層的役割を担う形になっていた為に、フツ族には不満があり、そのあたりが虐殺の根になったようだ。

フツ族のラジオが呼びかける。
「隣人を監視せよ!」
それが、たちまちエスカレートしてゆく。
「高い木を切れ!」(殺せ!)と。

4つ星ホテルの支配人は、フツ族出身だが、妻はツチ族だ。子供もいる。
情勢が逼迫してくると、彼のホテルが避難民の駆け込み寺になる。
国連軍も、マスコミも頼りにならない。
欧米人の帰国を優先するのみで、避難民は世界から見捨てられた格好だ。
それでも支配人は、通常通りにホテルを運営し、あらゆるコネや金を駆使して、なんとか皆を救おうとする。

国際電話による働きかけがうまくいき、支配人の家族を含め何割かの家族が国連部隊に守られ、ホテルを離れて脱出しようとすると、ラジオに煽られたフツ族の群集が、道を塞ぐ。
敵に囲まれた避難民と国連部隊の兵士たちは、ともに死に接近する。
支配人の必死の呼びかけで政府軍が動き、なんとかこの時は無事に戻ることが出来た。
さっきは国連軍が当てにならないとは言ったけれど、こういう緊迫した局面になると、これは「命がけの仕事」なのだと解る。

ある日、隣人がナタを振り上げて襲ってくるなんて、悪夢だろう。
しかしホラーではなくて、実話なのだ。

「ツチ族を根絶やしにする。彼らはゴキブリだ」
「ゴキブリをかばう奴も、ゴキブリだ」
どこかで聞いたような言葉。
アウシュビッツで行われた事、ユダヤ人が妬まれていた事、みんなどこか似通っている。
憎しみは、どこから来るのだろう。
○○族だから、○○人だからという理由だけで、ナタを振り下ろす憎しみは。
こういう心は、人間の本性に埋め込まれているんだろうか。
くいとめる手段は、ないのだろうか。



「ホテル・ルワンダ」の日本公開を応援する会
                  http://rwanda.hp.infoseek.co.jp/

テレビで「HERO」
久しぶりに観ました。これはやっぱり映画館か、せめてプラズマ級の画面で観たいですね。家のテレビじゃ物足りない~(笑)

赤、青、緑、白それに黒も効いている。壮大な宮殿や砂漠の風景も美しい。工芸品みたいな映画。
刺客・無名と皇帝が向き合う能のように静かに緊迫した場面と、飛雪と残剣がいろいろなパターンで演じ分ける表情豊かな芝居の場面の対比も面白い。
特に印象的なのは、女剣士・飛雪のキャラ。
恋人・残剣との関係性がまったくの互角、対等(いや、やや上?笑)なのが、時代劇では、珍しい感じだ。
「グリーンディスティニー」でも、剣の道にとりつかれたお姫様が面白かったけれど、「HERO」の飛雪も、秦王に亡ぼされた国の将軍の娘で剣に優れ、復讐に燃えている。
残剣と飛雪は、恋人同士、ともに闘う戦友でもある。
しかし書を極めた残剣は、秦王の資質を見抜き、戦乱で苦しむ民のために暗殺を止めようとする・・・

平和を願いながらも、最後まで飛雪の意志を尊重する残剣。
たとえ、刺されても・・・
「HERO」は、実は滅多にないくらいなフェミニズム映画と言っていいかもしれません。
トニー・レオンでなければ、この味は出ないな(笑)

映画館で見たとき、終わってロビーに出ると、年配のご夫婦が
「よかった・・・」
「よかったね」
なんて言いながら、仲良く並んで出て行かれるのを観て、微笑ましくなったのを憶えています。
人生の戦友・・・ああいうご夫婦が楽しんで観られる映画っていいなぁって思ったのでした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。