プロフィール

風沙

Author:風沙
映画好き。
最近は、香港明星トニー・レオンさんのファン。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

テラス・シャンブロウ
きままに独り言・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード
これは、残念ながら失敗作です。
本を読まずに映画から入ると、原作にあったワクワク感を感じらぬまま、筋とオチだけを知ってしまう結果になり、後から本を読む楽しみが確実に失われるので、せめて本を読んでから観ることをお薦めします。


。。。。。。。。ネタバレしまーーーす!!。。。。。。。。



これは、いかんでしょう。一番マズイパターンです。
表面上、きちんと撮影されているように見えながら、実はからっぽです。
原作の味わいのあるところをすべて見事なくらい、ハズしています。
もともと盛りだくさん過ぎる内容ですから、どこかで削らなければならないのですが、その削るところを間違えています。
一番美味しい肉の部分を捨てて、骨だけ残った料理のようです。

この物語は、歴史的な謎解きと、ソフィーの失われた家族、そしてラングドンの殺人容疑、追跡者シラスなど、いくつかのパートが壮大に絡まりあいながら進行します。
映画では、このパートをすべてまんべんなく説明した結果、すべて中途半端に終わらせてしまっています。
だから退屈なのだと思うな。
映画は短い時間で語らねばならないのですから、ソフィーとラングドンの人間関係に比重を置くとか、どこかポイントを絞った方が印象に残るものになったはずです。

この物語の根底にあるものは、二つの信仰のぶつかり合いです。
一つは、キリスト教の教会が長年守ってきた伝統的な聖書による世界。もう一つは、キリストとマグダラのマリアの関係を問い直し、人間として捉える新しい世界。
ソフィーとラングドンの旅は、教会によって故意に歪められたマリアの真の姿を追い求める旅でもあり、虐げられた女性性の回復の旅でもあります。
その中で、シラスが体現するのは「狂信」の哀しみです。
自ら信じる神の為に、自分を痛めつけ多くの殺人を迷いもなく行うシラスの姿は、人類が信仰の名の下に繰り返してきた残酷な業そのものです。
演じたポール・ベタニーは、ちょっと線が細すぎたような。
もっと動物的なたくましい体の俳優の方が、感じが出た気がします。

お互い正しいと信じるものが、くい違う。
そして隠された一つの秘密を渇望する。
どれだけ多くの人が、長い時の中で、それを守りぬいてきたか。
この映画に決定的に欠けているのは、息詰まるようなその重みと情熱です。

こんなにあっさり終わったのでは、原作のようにソフィーとラングドンが恋に落ちる訳にもいかなかったのでしょう。
オドレィ・トトゥと、トム・ハンクス・・・まるで、叔父と姪のような組み合わせで、嫌いではないけど、どうにも萌えは感じられません。
まったくハリウッドらしくもない清らかなラストに、思わず脱力してしまいました(笑)

スポンサーサイト
ニューワールド
とても疲れていて、何も考えずに自然に触れたい時などに観ると
いい映画かも知れません。
この監督の映画は、初めて観るのですが、エンタメというよりは
なんというか映像詩といった方がふさわしい体験でした。

美しい大地。風のそよぎ。こぼれてくる鳥の声。
穏やかな先住民たちの暮らし。
ヨーロッパ人たちが船で現れ、入植し始めた時代のアメリカ大陸。
圧倒的に広大で豊かな自然が、視界の及ぶ限りつづくのです。

それがやがて侵食され失われていくことが解っている、この監督の目は
いつもそこを見つめているような気がしました。

王の娘ポカホンタスは、入植者のスミス大尉に恋をして、結果的に
部族を裏切る形になり追放されます。
スミスは、彼女を愛しながら罪悪感に苦しみ、結局死んだことにして
彼女の元を去ります。
スミスは彼女の中に、これから失われるであろうこの土地の精霊の
すべてを見ていたような感じです。
しかしポカホンタスは、恋をした女性の多くがそうであるようにただ
スミスの事が大好きで、どんな犠牲を払ってもずっと傍にいれば幸せ
それだけなんですね。
その男女間のギャップが(笑)

抜け殻のようになった彼女は、それでも生きて、優しい男に求婚され
家族を作り、新しい文化を受け入れていきます。
一度だけ、英国に旅した時にスミスと再会しますが、しょせん「逃げた
男」(笑)
彼女は、異文化の中にあっても少しも動じる気配がない。
彼女の中にあるものは永遠に損なわれることなく、今も輝き、響き合っている
ようでした。

この映画を見て、ふと思い出したのが「アギーレ・神の怒り」。
これは、同じように植民地開拓を目指したスペインの部隊が、アマゾン
の大自然に飲みこまれていく様子が、非情に描かれた傑作です。
アギーレ隊長の狂気のせいもありましたが、そこの先住民とは、コミュ
ニケーションなんて成り立つ余地もない感じでしたから・・・
それに比べると、「ニューワールド」は優しいですね。
その分少し甘いのかな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。