プロフィール

風沙

Author:風沙
映画好き。
最近は、香港明星トニー・レオンさんのファン。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

テラス・シャンブロウ
きままに独り言・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビで「HERO」
久しぶりに観ました。これはやっぱり映画館か、せめてプラズマ級の画面で観たいですね。家のテレビじゃ物足りない~(笑)

赤、青、緑、白それに黒も効いている。壮大な宮殿や砂漠の風景も美しい。工芸品みたいな映画。
刺客・無名と皇帝が向き合う能のように静かに緊迫した場面と、飛雪と残剣がいろいろなパターンで演じ分ける表情豊かな芝居の場面の対比も面白い。
特に印象的なのは、女剣士・飛雪のキャラ。
恋人・残剣との関係性がまったくの互角、対等(いや、やや上?笑)なのが、時代劇では、珍しい感じだ。
「グリーンディスティニー」でも、剣の道にとりつかれたお姫様が面白かったけれど、「HERO」の飛雪も、秦王に亡ぼされた国の将軍の娘で剣に優れ、復讐に燃えている。
残剣と飛雪は、恋人同士、ともに闘う戦友でもある。
しかし書を極めた残剣は、秦王の資質を見抜き、戦乱で苦しむ民のために暗殺を止めようとする・・・

平和を願いながらも、最後まで飛雪の意志を尊重する残剣。
たとえ、刺されても・・・
「HERO」は、実は滅多にないくらいなフェミニズム映画と言っていいかもしれません。
トニー・レオンでなければ、この味は出ないな(笑)

映画館で見たとき、終わってロビーに出ると、年配のご夫婦が
「よかった・・・」
「よかったね」
なんて言いながら、仲良く並んで出て行かれるのを観て、微笑ましくなったのを憶えています。
人生の戦友・・・ああいうご夫婦が楽しんで観られる映画っていいなぁって思ったのでした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tukasa6.blog32.fc2.com/tb.php/16-7a1017f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。