プロフィール

風沙

Author:風沙
映画好き。
最近は、香港明星トニー・レオンさんのファン。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

テラス・シャンブロウ
きままに独り言・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半身
ゴシック・ミステリーというジャンルかな。
作者のサラ・ウォーターズは凄い大物新人として期待されている人だそうです。
私のツボではないのですが(笑)好きな人はハマる世界だと思います。


。。。。。。少しネタバレします。。。。。。。。。。



18世紀のイギリスのムードが漂います。
舞台は、陰鬱で不潔な監獄と、富裕な上流家庭の屋敷。
ほとんどその二つをいったりきたり。
慰問の名目で、その監獄を訪れた婚期をすぎた令嬢が、ふと気になった
美しい女囚。
彼女は、霊媒だった・・・

監獄とお屋敷。対照的に見えるこの場所。
しかし話が進むにつれ、令嬢も実は女囚のように、冷ややかな世間の目や厳格な親に縛られていることが見えてきます。
狭い鳥かごの中で、世間知らずのまま、あまりにも規範に縛られ自己を抑圧しているために、その反動は強烈で理性を吹き飛ばします。
自分の欲望と普段から、よく向き合い解放しておく事は必要なんだななどと考えさせられました。
恋はもともと危険をはらんでいるものですが、この結末の痛々しさはたまらないものがあります。

事情通の友人に言わせると、同性同士の恋人の嫉妬は激しいとか。
「ブロークバック・マウンテン」でも、異性と浮気しても許せるけれど
同性ならば殺す、なんて台詞があったような・・・
この小説の最後を飾る一つの台詞も、「支配」もしくは「所有」を意味する言葉です。

「束縛」に「支配」、この作者は、少しフェチ的かも(笑)
西洋の映画や小説を読んでいると、よくこの「支配」とか「被支配」の感覚を感じる時があります。
それに濃厚な性の匂いが絡んでいます。
知らないだけかも知れませんが、日本の作品でそれを感じることは少ないような気がする。
日本人の性は、もっと淡白というかあまり「支配」「被支配」にはこだわりがないように思います。
骨格的に男女の性差が少ないこととも関係あるかもしれない、なんて考えているのですが・・・

それにしても、この小説を読むと、使用人に対する認識が変わりますね~
彼らはご主人さまの言いなりのイメージがあったのに、これを読んで実は逆の場合もあることを知りました。
確かに流行のメイド喫茶を見ていても、メイドはかしづいているように見えて、実は客を思うままに支配しているのかもしれない・・・(笑)
作風が、萩尾望都の世界を思わせるという意見もありましたが
確かに通じるところもあるけれど、萩尾作品に不可欠な「透明感」とは、まったく違う世界です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tukasa6.blog32.fc2.com/tb.php/26-3a01609b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。